ジョイントマットの交換

住まい

三男が床でごろごろしたり、ほふく前進をしたりするようになってきました。

長男のときから床にはジョイントマットを敷いていたので、そのまま使っていたのですが、流石に汚くなってきたので、新しいものに交換することにしました。

ジョイントマットの必要性

うちでは長男が生まれてしばらくしてから、はじめて購入しました。

ジョイントマットを敷いたのにはこんな理由からです。

  • 転倒したときの衝撃をやわらげる
  • 物を落としたときに床を傷つけないようにする
  • 掃除をしやすくする

転倒したときの衝撃をやわらげる

子どもが寝返りを打つようになると、ごろごろするためには広いスペースが必要です。

ベビーベッドでは狭いので、床においてごろごろさせることになります。

うつ伏せの状態から仰向けの状態に戻るときには、はじめのうちは勢いの調整がうまくできなくて頭を床にぶつけることもしばしば。

こうした衝撃を少しでも和らげてあげたほうが、動くことに対して怖がらなくなるかなと思っています。(…正確にはどうかわかりません)

物を落としたときに床を傷つけないようにする

はじめのうちは、おもちゃをもたせてもブンブン振り回して、ガンガン床にぶつけたりします。

うちはフローリングなのでむき出しの状態だと傷だらけになってしまいそうです。

また少し大きくなって、3歳くらいになると激しく暴れて遊ぶようになります。

重たいものを持って来て遊ぼうとしたりします…

そして古いノートパソコンを持ってこようとして、床に落とすこともあります。

なんやかんやで子どもがいるうちは床にマットを敷いておいたほうが、傷が少なくて済みそうです。

掃除をしやすくする

衝撃を和らげるとか、傷をつけないようにするという目的であれば、カーペットを敷くという手もあります。

ただ、よだれを垂らしたり、食べ物や飲み物で汚したりすることを考えると、簡単に拭き掃除ができるものが望ましいです。

ジョイントマットの場合、ひどく汚れてしまったら、その部分だけ新しいものと取り替えるということもできて便利です。

今回購入したもの

傷つけないという意味で、リビング全体を覆うつもりでした。

商品を選ぶにあたっては、このようなポイントに注目しました。

  • 床暖房に対応しているか
  • 大判サイズ(約60cm)
  • 厚さが2cmより薄い

床暖房に対応しているか

リビングには床暖房が入っているので、いちおう対応しているものを選びました。

対応していないと使ってはいけないのかどうかはちょっとわからなかったのですが…

大判サイズ(約60cm)

部屋全体を覆いたかったので大きめの方にしました。

小さいと敷き詰めるのが面倒そうですから…

ただ、どうしても部屋の端っこの方で、マットを切ってサイズを調整する必要はでてきます。

カッターナイフで簡単に切れるので、それほど骨の折れる作業ではなかったです。

厚さが2cmより薄い

これはRoomba対策です。

厚いほうが衝撃吸収の意味では良いのですが、2cm以上あるとうちのRoombaは段差が登れずに、掃除をしてくれません。

これはジョイントマットの上をRoombaで掃除することを前提にしていますが、マットの上は子どもがなめたりするし、Roombaには登らせたくないという考えもあると思います。

そういう場合は逆に厚いものにすると絶対に乗り上げないので安心です。

ジョイントマットあるある?

サイズが合わない??

うちの場合は、2回ほど追加で購入しました。

2年位使っていると、どうしてもひどく汚れてくるところがあるので、あまりにも酷いところは新しいものと交換しました。

ただ、場所によっては同じサイズのマットなのに合わないということがあります。

重たいものがずっと上に乗っていると、押しつぶされてマットが広がっているようです。

ソファーの足が乗っているマットはかなりぺちゃんこになっていました。

そもそも、ソファーの下はマットがなくても良いところなので、重たいものの下には敷かないほうが良いようです。

同じサイズが手に入らない

3回目に購入したときは、これまでと同じ60cmのものが手に入らず、しかたなく56.5cmのものにしました。

どうしてこういう微妙なサイズの変更があったのかはよくわからないのですが…

こういうこともありうるというのは知っておいたほうが良いかもしれません。

ただ、敷く場所をわけることで、うちではこの微妙にサイズの違う2種類をどちらも使っています。

子どもが口に入れてはむはむする

ジョイントマットには端の部分をまっすぐにするための、細長いパーツがあります。

これがどうも子どもにとっては楽しいようです。

ほふく前進ができるようになってきた0歳の三男は、マットの端までたどり着くと一生懸命このパーツを剥がして、そして先を口の中に入れてはむはむします。

  • 剥がすのが楽しい
  • ちょうど口に入るサイズ
  • 噛みごたえも丁度いい

というところでしょうか?

大変気に入って遊んでます。(あんまりきれいじゃないからやめてほしいけど…)

ちなみに、これはお兄ちゃんたちも同じようなことをしていました。

タイトルとURLをコピーしました